hi everyone!    代官山徒歩3分、恵比寿徒歩5分にある英会話スクール「English Artwork(イングリッシュ アートワーク)」の講師、島村直美 Naomi の日記です。 i hope you enjoy reading it! :D


by naomishimamura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:アンネ・フランク ( 3 ) タグの人気記事

f0055087_4163999.jpg


来月公演の英語劇 『アンネの日記』で
アンネ・フランク一家を助けたMiepの役を演じるAtsuko。

彼女が おもむろに

I highly recommend this book!

と言いながら差し出した一冊の本。


『思い出のアンネ・フランク』 by Miep Gies。


そんなわけで、
彼女が図書館から借りた本を「また借り」して帰りました。^^


...She was right!
That was an excellent book!
I simply couldn't put it down...


「アンネの日記」を舞台にする上での貴重な資料になるのはもちろんのこと、
ミープという一人の女性の存在に感動を禁じえませんでした。

このミープ・ヒースという女性。
アンネ・フランク一家を含め 8人ものユダヤ人の
2年以上に渡る隠れ家生活を支え続け、
彼らが捕まってしまった後に アンネの日記を大切に保管し、
父親のオットー・フランクがただ一人生還したときに手渡します。

「わたしはヒーローではない。
たんに、あの暗い、恐ろしい時代に、
わたしと同じようなことをした、あるいは、
もっと多くの-はるかに多くの-ことをした良きオランダ人たちの、
長い、長い列の端に連なっているにすぎない。」

そう彼女は言います。

当然、読者の私たちは 本を読み進むにつれて
彼女の言うことが正しくないことがわかります。
そう、

Without a doubt, she is a true hero!


本当に この本を読んでよかった。

この本の一文一文から流れてくる真実の重み、
そしてアンネ一家やその他の隠れ家の人々の呼吸、
さらには あの時代の空気感とでもいうもの・・・

すべてが 今回の舞台作りで宝物になると思います☆

Atsuko ありがとう~!




************

If you have any questions or comments,
please feel free to email me at:
info@englishartwork.jp

I would love to hear from you! :)

ENGLISH ARTWORK英会話教室
〒150-0012
東京都渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
tel&fax: 03(3780)1514

[PR]
by naomishimamura | 2009-02-25 03:01 | 読書
f0055087_23335772.jpg


今年のクリスマスもあと何分かで終わりますね。
楽しかった~~~♪

クリスチャンではないけど、クリスマスソングとか聴いてると癒されて
身近にいる人たちはもちろんのこと、
今まで生きてきて出会った人たちや環境に感謝の気持ちが沸いてきます。
Happy Merry Chiristmas! :)


あと、今年は(?)もうひとつこの時期にお祝いがあります。

Hanukkahです。

これは、an eight-day Jewish holiday。
ユダヤ人の人たちが毎年この時期に8日間に渡ってお祝いする
ユダヤ教のお祭りだそうです。

毎年開始日が違ってて、今年は12月21日のSundownから始まってるそうなので
今日で4日めのはず。

『アンネの日記』には 原作にもお芝居の台本にもハヌカが出てきてて、
アンネ一家と隠れ家の同居人ヴァン・ダーン一家は
毎年家族でハヌカを祝ってたみたいです。
でも、もう一人の同居人の歯医者さんデュッセル氏は、ユダヤ人だけど
ハヌカのことすら知らなかったことが発覚。

ヴァン・ダーンの奥さんがそれを聞いて

What kind of a Jew are you that you don't know Hanukkah?

あなたそれでもユダヤ人なの?みたいに言われちゃってます。


『アンネの日記』って、台本を読んでいて文化的にわからないことがたくさん。
いまアメリカのLAに看護師さんとして修行を積んでる元生徒さんのNanae。
彼女が昨年からずっとユダヤ人コミュニティのど真ん中に住んでる!
と聞いて、さっそくいろいろ質問してみました。

同じユダヤ人でも、とてもreligiousな人とそうでない人がいて、
ハヌカをまったく祝わないユダヤ人もたくさんいるそう。。

ふむふむ・・ということはアンネの両親は敬虔なユダヤ教徒だったってことね。
そういえば日記の中で、小さい頃からアンネは毎晩お祈りをしてる。。

そして、ユダヤ人といえばあの立派なおひげと黒い帽子。
帽子は丸い小さなお皿っぽいのが有名だけど、
実はお皿の帽子をかぶってる人たちはそれほどでもなくて
黒い山高帽の方をかぶってる人たちの方がさらにreligiousだそうです。

アンネのお父さんとヴァン・ダーンのおじさん、
どの映画を見ても山高帽の方をかぶってる!
そっかぁ~~~。

...などなど、スカイプでLAのNanaeとお話してとっても勉強になりました☆




今日はぜひ最後に、お芝居の台本からアンネのお姉さんMargotが
隠れ家に来る前の平和な頃のハヌカのことを話してるセリフを聞いてください♪

What I remember best (about Hanukkah) is the presents
we used to get when we were little... eight days of presents...
and each day they got better and better!


8日間もずっとお祝いしてて、子供たちは毎日ひとつずつプレゼントをもらえて・・・
しかも日をおうごとにプレゼントのランク(?)が上がるなんて
きっと子供だったらわくわくしますね。^^


Happy Merry Christmas and Hanukkah, everyone!




★トップの素敵な写真は、翻訳していて知り合ったshe_dancesさんからです。
タイトルは『Christmas Tree Bokeh』。★





If you have any questions or comments,
please feel free to email me at:
info@englishartwork.jp

I would love to hear from you! :)


ENGLISH ARTWORK英会話教室
〒150-0012
東京都渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
℡&fax: 03(3780)1514
http://englishartwork.jp/

[PR]
by naomishimamura | 2008-12-25 23:57 | EATC(英語劇プロジェクト)
オーチャードホールにて
オペラ 『トゥーランドット』をみてきました♪

オペラなんて、高くってそうそう行けるものではないけど
劇団メンバーのはるるが半額でチケットを手に入れてくれて実現。
ありがとう~!

トリノで荒川静香選手が使った あの有名なメロディ。
一流テノールの生歌声(というよりも体が楽器みたいだから「生演奏」?)
すごい・・・
やっぱりLiveで聴くことの素晴らしさを実感したひとときでした。



そして、今日もアンネ・フランクです。^^

帰宅後、資料用にと借りていたDVDを見始めたら止まらない・・・
しかも3時間15分もあるなんて知らなかった・・・
こんな時間になってしまいました。


f0055087_5335776.jpg


この映画、精密な調査や証言を元に作られたらしくて
かなりリアルに迫ってきます。

とくに、ゲシュタポに捕まった後の強制収容所での描写は
涙なくしては見れませんでした。


I couldn't watch it without being overcome by emotion...




では おやすみなさい☆





If you have any questions or comments,
please feel free to email me at:
info@englishartwork.jp


ENGLISH ARTWORK英会話教室
〒150-0012
東京都渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
℡&fax: 03(3780)1514
http://englishartwork.jp/

[PR]
by naomishimamura | 2008-10-11 05:44 | 舞台・芸術鑑賞