「ほっ」と。キャンペーン

hi everyone!    代官山徒歩3分、恵比寿徒歩5分にある英会話スクール「English Artwork(イングリッシュ アートワーク)」の講師、島村直美 Naomi の日記です。 i hope you enjoy reading it! :D


by naomishimamura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0055087_17564592.jpgf0055087_1757818.jpg

先週の金曜日以来、「レミゼ」スクリプトのチェックでほとんど寝ない日々が続き

ホントはゆうべも寝る予定じゃなかったのに・・・

なのになのに・・・

いつ眠りに落ちたかも覚えてなくて、気づいたら10時間くらい寝ちゃってました!omg!!!

ありえないくらいの爆睡。あぁ~大失敗~


そして今日って何日?

ってふと思ったら、え?9月27日?

発表会まで あと10日もないーーーー!!


みんなで作ってくれたスクリプト、ポイントはとてもよいのです。

何を伝えたいかという点もクリア。

ただひとつ(そして大きな改善点)、セリフによる説明が不足気味で
登場人物の心の動きがわかりづらく 感情移入しづらいのです。

いよいよ私の最終的なrevisionの段階に入ったので、今までみんなががんばってくれた分
よいものを作らなきゃ、と思うんだけど、これがホントむずかしくって。。。
遅々として進まない(泣)


今日はこれから練習があるらしいので、私もとりあえず学校に行きます。

そこでみんなと相談して、その後帰ってきてからが勝負!かな~



★おまけ★
f0055087_18262233.jpg


こないだの金曜日はメンバーの誕生日☆
平日の夜なので、601の教室でパーティー(?)が開催されました!
トップの写真もその時のもの。Koguma手作りのキッシュとパイ!おいしかった~♪
Happy birthday, Hiroshi & Chiori!!! :D
[PR]
by naomishimamura | 2006-09-27 18:33 | 生徒さん&お友だち

Busy Bee

発表会を控えている人にとっては怒涛の3連休。終わりましたね~☆
連休、といっても私は普通に授業があるのでプラスアルファでやることがたくさんでした。
忙しかった~


催促されまくっていた「三丁目の夕日」のスクリプトが とうとう金曜日に完成!

がんばって台本チェックしたご褒美に(?)、日曜日の朝 新横浜ラーメン博物館
連れていってもらいました~。やった~♪

ここ、「ALWAYS」の時代とまったく同じ 昭和33年の東京の町を再現してる
テーマパークで有名ですよね?
なので、フィールドトリップも兼ねて たっぷり遊んでラーメンも食べてきちゃいました。^^


というわけで、昭和33年っぽいものの写真大集合~☆


公衆電話ボックス。実際に当時使われてた本物らしい。
f0055087_18503477.jpg


足長の白黒テレビ。こうして縁側に置いてご近所さんみんなで見てたってホント?
f0055087_18574081.jpg


こちらは街頭テレビ。観音開きのケース?に入って公園などにあったとか。
f0055087_193358.jpg


駄菓子やのおじさん。仮装してるスタッフの人はみぃんなフレンドリーでした。
f0055087_19124846.jpg


そして!ちょっとピンぼけだけど・・・こちらが私たち「ALWAYS]の茶川さんと淳之介くん♪
f0055087_1931263.jpg



リンゴほっぺのおまわりさん。「本官ひとりではとてもとても~!」と写真をいやがりまくり
「一緒なら・・・」と言うので記念にパチリ。
f0055087_1919098.jpg



ひとつ疑問が。。。
f0055087_2061446.jpg

そこかしこに こんな怪人なんとか面相みたいなマスクをしてる人の写真が。
これってファッション?流行ってたのでしょうか。。。



★おまけ★
この日は、朝は新横浜、その後私は授業で学校へ。みんなは東京タワーに行ったみたい。
その後レギュラークラスでドラマの練習。終了後希望者で23時頃までボイストレーニング。
朝から晩までフル稼働な一日でした~
f0055087_20114353.jpg

ボイトレは、各自の弱点によってグループ分けされて行われました。
写真の彼らは「呼吸がヘン」なチーム。罰ゲームで肩モミしてます。
他には「リズム感なし」チームと、「自由人(自分勝手)」チームがありました(笑)。
それにしても、RAIZO-sensei はやっぱりスゴイね~!!!
[PR]
by naomishimamura | 2006-09-19 21:55 | 旅・おでかけ

f0055087_18303687.jpgf0055087_1831394.gif

最近 「レミゼ」と「三丁目の夕日」で忙しくて、すっかりご報告が遅くなってしまいました。

今学期からの私の新設ドラマクラス (他の先生方が「サンナオ2」と命名。笑) の
演目が決定しました☆


知る人ぞ知る名作

マグノリアの花たち~Steel Magnolias~

です。


この作品、昨年のNY滞在中に本場のブロードウェイで観てすっごく感動しました。

旧ブログに観劇記を載せていたので、ここにコピペさせてくださいね☆



きのう能を観に行ったら、突然「もっとお芝居観たい熱」が出てしまって
今日はタイムズスクエアの tkts へ勝手に足が向いていました。。。

そこで半額で手に入れたチケットが「Steel Magnolias~マグノリアの花たち~」。

なんと今日が千秋楽!

このお話、名作といわれてて映画にもなってるので知ってる人も多いはず。

plot はいたってシンプル。南部の beauty parlor を舞台に、
6人の女性の悲喜こもごもの人生を綴ったコメディです。  

6人中5人は中年以上の女性。

もう、このおばちゃんたちのおしゃべりというかけんかというか、
会話がほほえましくて、笑っちゃいます。

でも、英語でコメディ しかもミュージカルじゃなくて台詞劇って
みんな弾丸みたいにいっぱいしゃべるから、
ちょっと油断すると おもしろい箇所を聞き逃しちゃったりするんですよねえ。

修行が足りない。。。



コメディって言いましたが、
後半は涙なくしては見てられないくらい悲しくもあり、感動的でもあり。

人生には 誰に怒りをぶつけていいかわからないどうにもならないことが起きて・・・。

でも・・・

After all that's the way of real life. And then life goes on and on...

最後には泣きながら、ちょっと笑顔になる・・・
そして、家族や友だち、人生そのものに対して感謝の気持ちでいっぱいになる、
そんな素敵なお話でした。

わたしがひとりで観にきてるのを見て、何人かのグループで来てたとなりのシートの女性が
intermission の間にとっても friendly に話しかけてくれたのも、
このお芝居の成せる技だったのかも。。。

彼女いわく、映画も "definitely a must see movie!" だそうなので、
機会があったら こちらにいる間にレンタルして見てみようと思います♪




************

そしてこちらがメンバーの面々です。

f0055087_19455598.jpg

わかるかな~この濃ゆい感じ(笑)。

そうです、他の先生のクラスの「顔」というか 「看板女優」(?)さんたちがやってきました。

これは kick-off party の時の写真ですが、来れなかったメンバーを入れても
全部でたったの7人!

わたし、少人数のクラスの経験ってないので、とっても楽しみです。

しかも オリジナル作品のキャストと同じ6人の女性!(プラス男性1人。^^)

もうこれって、「マグノリアの花たち」をするためにみんな集まってきたみたいなものかも!
[PR]
by naomishimamura | 2006-09-12 20:16 | 生徒さん&お友だち

Finally feeling motivated!

f0055087_623284.jpg

「昭和33年」と「フランス」という言葉にやたら反応してしまう今日この頃。

次回の発表会まで約1ヶ月となりました。


いつもなら、私が口を出し始める(?)のが発表会の2週間前。
なのに、今回は
「いつもみたいにのんびりしてると間に合わなくなるから、Naomi働け~」
みたいなことを、サンデー・フライデー両クラスから言われ、
お尻をたたかれまくっています。。。


というわけで、今日は金曜クラス 「レ・ミゼラブル」の舞台稽古初日に参加。
まだまだ私のアイディアもめちゃくちゃだけど、やる気だけは本番間近になりました(笑)


それにしても、「レミゼ」ってむずかしい。
今ビクトル・ユゴーの原作を読み返していて
私なりに作品テーマを考えたりしてるなかで 最も感銘を受けたのが・・・


海よりも壮大なる光景

それは天空である

天空よりも壮大なる光景

それは

実に人の魂の内奥である


という文章。

深い・・・。
この哲学を体現しているのが まさに主人公ジャン・バルジャンの人生だと思うのですが
これを舞台で表現するには並大抵の作品理解や演技力では到底ムリでしょう。
たいへん・・・ホントにのんびりしてはいられない。ちょっと焦ってきた~

でも不安と同時に、今日の立ち稽古で一人残らずみんながやる気があるのを見て、
この雰囲気で残りまだ1ヶ月あるならきっと間に合う!との確信も。

さてさて、いよいよみんなと本気モード突入・・・かな




★おまけ★
f0055087_6184335.jpg
蓼科で見つけた、貼り絵画家山下清の「放浪美術館」。

あれ?この人ってたしか、昭和30年代にブームになった人じゃなかった?
と思い、入ってみたらやっぱりそうでした。
力道山の貼り絵なども!

お土産売り場には古いお金なんかも売られていたので、店員さんにいろいろ質問。
東京タワーのできた昭和33年の年末に、日本初の一万円札が発行されたとか。
知らなかった~

吟味した末、昭和33年当時の人々が実際に使っていた、五拾円貨や百円銀貨、百円札、
旧五百円札(昭和44年以降の岩倉具視のものは新五百円札なのだそう)などなどを購入。
「三丁目の夕日」のメンバーへのお土産にしました。
みんなの役作りや、時代背景を理解するのに役立つといいな☆
[PR]
by naomishimamura | 2006-09-02 07:13 | 舞台・芸術鑑賞