hi everyone!    代官山徒歩3分、恵比寿徒歩5分にある英会話スクール「English Artwork(イングリッシュ アートワーク)」の講師、島村直美 Naomi の日記です。 i hope you enjoy reading it! :D


by naomishimamura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0055087_2331081.jpg

映画版「RENT」、遅ればせながら クローズ前にあわてて観てきました。

正直いつも 舞台ミュージカルの映画化は期待しないけど、この「RENT」はすごかった!


あのリアリティ・・・1990年のニューヨーク。エイズ。ドラッグ。。。

舞台版を何度も観て思い描いていた景色がそこにありました。

これって 稀にみる、舞台を観た人こそが より楽しめる映画かも?

だって、マークもロジャーもエンジェルも、舞台キャストメンバーがそのままスクリーンで動いてる! しかも本物の背景つきで!

10年前の初演時のオリジナルキャストだから さすがに年をとった感は否めなかったけど

それでも あの作品世界の独特の雰囲気は 彼らじゃなかったら作り出せなかったんじゃないか・・・と思います。


そして、ただ今「蝶々夫人」モードの私、「RENT」との共通点をたくさん発見。

「RENT」が、オペラ「蝶々夫人」の作曲で有名なプッチーニの もうひとつの名作 「ラ・ボエーム」を下敷きに書かれたお話というのは周知のこと。

それ以上に特記すべきは、ふたつとも

「限定された時代の、特殊な場所だからこその人間模様」

が描かれている、ということです。


今よりも「エイズ」という言葉が「死」と直接的につながって 人々に恐怖を与えてた時代。

エイズ患者への差別も決してめずらしくなかった時代。

その頃のニューヨークの若いアーティストたち。

「RENT」の舞台になったアルファベットシティは、私がニューヨークを訪れた昨年もまだ

危ないから絶対行かないように・・・って言われてました。(もちろん行かなかった。)


そして蝶々さんも、現代の私たちからすると 「何も死ぬほどじゃないのに・・・」とか

「あんなアメリカ人の男にだまされてバカねぇ」となりがちですが、

本当にあの時代背景をわかっていたら、そうではないことが身にしみてわかるはず。。。



・・・と、こんなことを興奮気味に話していたら、現「蝶々夫人」クラスのメンバーが

次は「RENT」をやりたい(!!!)と言い出した。。。


「キャバレー」やった時にも思ったけど、健康的な人が多いフィニックスで、唯一

退廃的な雰囲気を醸し出す このTuesdayの人々(笑)。

彼らにならできるかも?!


実現したらいいな☆
[PR]
by naomishimamura | 2006-06-20 00:30 | 映画・TV

Survey time :)

f0055087_1931507.jpg

フライデークラスのYasu君から バトンというものを受け取りました。

最近みんな、ブログや日記で「バトン、バトン・・・」と書いてるので何かな~と思っていたら、

なるほど~ いわゆる Surveyのことなんですね!

ニューヨークで知り合った人たちも、blog間でこのSurveyのやり取りをしてて、私も1度だけ指名されました(スルーしちゃったけど。。。)


さて、初トライだ~!


1.回す人5人を最初に書いておく。
いま「蝶々夫人」モードなので、Tuesdayクラスの人ばっかりになっちゃいました。^^

さちぞっひぇん
Susan
アリサ
tomo
ナナオ

2.お名前は?
naomi

3.おいくつですか?
ここは正直に・・・35さいです☆

4.ご職業は?
一応英語教師 (でもよく劇団に勤めてるみたいって言われる。。。)

5.ご趣味は?
英語
舞台鑑賞 (芝居・ミュージカル・バレエ・ダンス・クラシック・お笑い...何でも好き)

6.好きな異性のタイプは?
犬系の人。土っぽい(?)人。あと一芸に秀でている人に弱いらしいです。。。
Above all... 心に曇りのない人。

7.特技は?
あまり意識したことないけど、人とのコミュニケーションのとり方をよくほめられます。
教えるよりもセールスに向いてるよって言われることしばしば・・・

8.何か資格持ってますか?
そういえばない~! 運転免許証だけかも。。。

9.悩みが何かありますか?
たくさんありすぎてすべてを考える暇がないせいか、悩みがあることを忘れがち☆

10.お好きな食べものとお嫌いな食べものは?
好きなもの: 何でも好きだけど、とくにお寿司 お刺身
嫌いなもの: なし!

あ、あと好きだけど食べれないものがあります・・・生牡蠣。
ある時あたってしまって、それ以来体が受けつけなくなっちゃった(泣)

11.回す人5人を指名すると同時にその人の他者紹介を簡単にお願いします。

さちぞっひぇん: ドラマ5回一緒にやったけど、みるみるうちにセンスが磨かれていって、最近は目をみはるばかり。私は特に彼女の「声」のファンです。発声がしっかりしてて、安心して聞いていられるから。「キャバレー」でのナチスを崇拝する歌声、忘れられない!

Susan: あの迫力は普通の日本人には到底出せません。「CHICAGO」のママ・モートン役をやった人、と言えばわかるでしょうか。でも甘えんぼなんですね~実は。おっきな猫みたいな彼女にゴロゴロ甘えられてる小さな私を想像してみてください(笑)

アリサ: 「電車男」のクラスで主役をやった後、私たちのクラスに移ってきたアリサ。緑が似合うアリサ。一見今風(?)のかわいらしい子なのに、インテンシブを淡々とやってサボらない。なんとな~く不思議ちゃんキャラで、わたしには彼女はまだまだ謎(笑)

tomo: 我がTuesdayクラスのルーキー。ひと言でいうとナイスガイだけど・・・う~ん、彼は shyなのか お調子者なのか どちらでしょう(笑)。新入生にもかかわらず大きな役についてしまったので、これから地獄の特訓に耐えうる精神と肉体を期待します。^^

ナナオ: フライデーにはNatalie、Tuesdayにはナナオ。そう、音響のプロです。「こんな感じでお願い~」と漠然としたイメージを伝えるだけで、毎回想像以上のものを持ってくる。入学した時は全然英語しゃべれなかったのに、最近はけっこうおしゃべりなことも発覚(笑)
[PR]
by naomishimamura | 2006-06-13 23:54 | 日々感じたこと

Movies I've seen lately

f0055087_17123689.jpgf0055087_17131382.jpg

話題の「ダヴィンチ・コード」と「GOAL」観ました~。


ダヴィンチ・コード」は、映画は評判あまりよくないみたいですが、私は原作を読んでいないので ストーリー展開だけでじゅうぶん楽しめました。^^

でも、キリスト教が根付いていない日本で この衝撃のエンディングとおもしろさを理解されるのはむずかしそうですねぇ・・・。


GOAL」は・・・

おもいっきり「ロッキー」(笑)。

でもおもしろかった~。単純な話は何も考えなくていい(?)から好き。

二番煎じとわかっていても、泣けるんですね~これ。



そうそう、映画館といえば 写真の川崎チネチッタです。

ちょっと遠いけど、一度ここへ行ったら 私はもう他の映画館には行けなくなってしまいました。

きれいだし、インターネットで座席指定もできるし、なんといってもいつもすいてて (つぶれないでほしい・・・) ゆったりと観れるのがサイコー♪ おススメします☆



★追記★
コメント欄でおそわった通りやったら リンク貼れましたーーー!うれしい~
進歩進歩♪
[PR]
by naomishimamura | 2006-06-10 21:44 | 映画・TV

New class, new challenges

サンデークラスのドラマタイトル決定~!!!

f0055087_22543119.gif

はい、

★☆★ ALWAYS三丁目の夕日 ★☆★

です!!!


他に候補に挙がってたのが:

・THE 有頂天ホテル

・Doctor Dolittle

・Mary Poppins

・Family Album U.S.A. (笑)


ここ最近サンデークラスは、「西遊記」・「紅の豚」・・・と動物もの(?)が続きましたが、

今回この「ALWAYS三丁目の夕日」で 晴れて全員が人間役となります!


こないだ映画館に観に行った時も書きましたが (5月21日の日記参照)

これって、たくさん笑えて しかも どどーって泣ける感動もの。

より深い演技力が要求されるお話だと思います。


みんなにとって New challenges となりそう、かな。 :D
[PR]
by naomishimamura | 2006-06-04 21:48 | 生徒さん&お友だち

Auuuggghh!!

f0055087_15595993.jpg

ああぁ 今日という今日は、自分のまぬけさかげんに辟易してしまいました~

ことの発端は、2週間ほど前のこと。

すごいニュースが舞いこんできたのです。


音大出身の生徒さんが
(何をかくそう、彼女が今回Tuesdayクラスで「蝶々夫人」を推薦した人!)

「せっかくだから、私の知り合いのオペラ歌手にレッスン受けてみる~?」

って声をかけてくれたのです!


もう この願ってもない提案に私たちは もちろん食いつき、ぜひにとお願いすることに。

親切にも 私の可能な日時に合わせてくれるというので、喜んで

「では、6月3日土曜日の朝10時からでお願いしま~す」
(この日は13時出勤だからちょうどいい♪なんて思いながら・・・)

と、指定させてもらいました。


それが、直前の昨日になって はたと気づいたのです。

13時出勤は、土曜じゃなくて日曜だったーーー!土曜日は11時からクラスが!!!

・・・時すでに遅し、もう変更できるはずもなく、

今朝、中目黒の音楽スタジオに 朝10時に向かったものの
(私が鍵を持ってるから結局行かないといけない・・・)

先生が到着した途端 もう学校へ行かないと間に合わない時間になってました(泣)


なんて pathetic...

本物のオペラ歌手の生歌が聴けるチャンスだったのに・・・

忙しい人だから、2度とない機会だったかもしれないのに・・・


まぁ、みんなはちゃんとレッスン受けられたのでよかったのですが。^^

どんなレッスンだったのかなぁ。 気になる。。。



★お知らせ★

今日の先生が、近々「蝶々夫人」の公演に出演されるそうです。
興味のある方はぜひ!(私はこれも仕事で行けない・・・)


プッチーニ 蝶々夫人  【全3幕】イタリア語上演(字幕付き)

2006年6月9日【金】 18:30開演

北とぴあ・つつじホール

全席自由 4,000円

チケット申込み&問合せ:
たぷりーな音楽事務所 (担当:矢崎)
address: 181-0016 東京都三鷹市深大寺3-16-11
Tel  : 090-5199-8403
E-Mail : teruterubukoi@yahoo.co.jp
[PR]
by naomishimamura | 2006-06-03 17:20 | 日々感じたこと