hi everyone!    代官山徒歩3分、恵比寿徒歩5分にある英会話スクール「English Artwork(イングリッシュ アートワーク)」の講師、島村直美 Naomi の日記です。 i hope you enjoy reading it! :D


by naomishimamura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:読書( 14 )






プライベートブログを更新しました♪
【つながる。英語で。 Heart to Heart with English】
Naomiの日本語&英語・2ヶ国語ダイアリー
  「手作り酵素ダイエット。Handmade Enzyme Diet」

[PR]
by naomishimamura | 2012-10-02 21:42 | 読書





プライベートブログの方をアップしました♪
生徒のみなさんの英語の参考になるかもなので、見てみてね。^^/


Here is an update on my second blog,
which is a more personal one. :)
【つながる。英語で。 Heart to Heart with English】
Naomiの日本語&英語・2ヶ国語ダイアリー
  「古本で社会貢献。Contributing to the society with old books」

[PR]
by naomishimamura | 2012-06-16 23:41 | 読書





プライベートブログの方をアップしました♪
生徒のみなさんの英語の参考になるかもなので、見てみてね。^^/


Here is an update on my second blog,
which is a more personal one. :)
【つながる。英語で。 Heart to Heart with English】
Naomiの日本語&英語・2ヶ国語ダイアリー
  「幸せを科学する。Experiment Happiness」

[PR]
by naomishimamura | 2012-02-22 23:32 | 読書




プライベートブログの方をアップしました♪
生徒のみなさんの英語の参考になるかもなので、見てみてね。^^/


Here is an update on my second blog,
which is a more personal one. :)
【つながる。英語で。 Heart to Heart with English】
Naomiの日本語&英語・2ヶ国語ダイアリー
  「人生がときめく片づけの魔法。Make your life shine by cleaning!」

[PR]
by naomishimamura | 2012-02-07 23:10 | 読書

f0055087_1151620.jpg


初級クラスの生徒さん Namieに借りた本 (Thank you!)、
アガサ・クリスティの伝記を読みました♪


It's not a thick book and easy to read. :D


私、子供の頃からミステリーが大好きで、
クリスティ作品もたくさん読みました。
(当時はもちろん日本語訳...)


この本、
ファンだったら垂涎もの必至の、
彼女の代表作の裏話がたくさん書かれてて面白かった☆



あのエルキュール・ポワロの名前の由来、何だと思いますか?


ギリシャ神話でゼウスの息子とされているヘラクレスだそうです。

へぇぇ~~~!


ヘラクレスは、英語で Hercules。
's'を取って、Herculeにしたそうです。



ポワロは、ご存知、灰色の脳細胞を持つ「小男」。

"It's a good name for a small man." (本より抜粋)

と言って、
まったく正反対のイメージのヘラクレス(←力持ちの大男)の名前をつけるなんて...
なんて粋(?)なの、クリスティ。。。



ミステリーの女王、アガサ・クリスティ。
彼女自身の人生も謎が多くて興味深いですよ~(^-^)/


It is a fast read and if you love detective stories as much as I do,
you will definitely love this book! ;)
[PR]
by naomishimamura | 2010-02-18 01:15 | 読書

f0055087_2145736.jpg


またまた
読書の話題です~ o(^-^)o

だってだって、
本当に この『Who was~?』シリーズ
面白いんです~♪



今回は、
King of Jazz といわれたルイ・アームストロングの自伝。

Hello Dolly! や What a Wonderful World は
十代の頃から大好きで聴いてたけど、
ルイ・アームストロングってすごい人だったのねぇ...
って思うぐらいで、
どんな人生を送ったのかは全く知りませんでした。


20世紀幕開け直後の1901年生まれで、
奴隷解放はしてたけど まだまだ黒人にとっては住みにくい時代に青春を過ごし、
教育も一切受けてないそうです。

ニューオーリンズの 別名Battlefield と呼ばれたほど危険な町で育ち、
子供時代に逮捕されて何年も少年院に入ってたとか。。。
(といっても犯罪ではなくて、街中で騒ぎを起こした程度らしい…)


その少年院の中のbrass bandでの活躍が
その後の彼のキャリアの原点になったそうです。


あと へぇ~ と思ったのが、
彼のニックネームがサッチモ Satchmo っていうのは知ってたけれど、
その由来が
口が大きくて四角いからってついた子供時代のあだ名:
Satchelmouth を縮めたものだったってこと。
(satchelは、四角くて大きな肩掛けカバン)



かなりトリビア的な部分ばかり覚えてますが(笑)、

That's what I love about biographies! lol



次は、
キング牧師の伝記です☆
Who was Martin Luther King, Jr.? is the next to come!

楽しみ~♪♪♪



★今日のおまけ★
f0055087_2252256.jpg

先日 レッスン後に残ってた生徒さんが
最近読んだ洋書を見せてくれたので、記念写真を撮りました。
(左: Namie、 右: Katayan)



************

satchel:
a leather bag that you carry over your shoulder, used especially
in past times by children for carrying books to school

************
[PR]
by naomishimamura | 2010-01-30 02:14 | 読書

f0055087_16152891.jpg


最近、生徒さんたちの間で
ひそかに(?)流行ってることがあります。

それは...


洋書の読書~(^-^)/



特に、初級クラスの生徒さんたちの勢いがすごい☆

レッスンの宿題や復習もちゃんとした上で、
ムリなく楽しみながら、それぞれ好きなジャンルの本を読んでる様子。


リサーチの結果(笑)、
ミステリーと 伝記/偉人伝のジャンルが人気みたいです。


私も 便乗して、
生徒さんが読み終わって面白かったという本を借りて読んでます♪


写真は、
African American societyでは知らない人がいないという
Harriet Tubmanの伝記。

ネイティブスピーカーの子供向けのペーパーバックで、
100ページほどの薄さ (しかも ほぼ半分がイラスト^^)、
そして比較的 簡単な英語で書かれています。

『Who Was ~?』という このシリーズ、
他にも 以前ご紹介した リンカーン大統領や、
アインシュタイン、ダヴィンチ、アンネ・フランクなど…
ビートルズまであるみたいです。


英語初心者でも、これだったら
ほぼすべてのページにイラストがあるから
知らない単語が多少あってもスイスイ読めちゃうと思います♪
(中級や上級レベルの人も、英語で考える訓練になるはず☆)

何より、内容が
歴史上の事実だけじゃなくて
いろいろなおもしろエピソードが書かれてて楽しい!

I enjoy biographies and can't wait to borrow another book to read!




************

biography :
a book about a particular person's life, written by someone else

can't wait to do sth :
used when you feel excited about something that is going to happen soon

************
[PR]
by naomishimamura | 2010-01-26 16:15 | 読書

f0055087_28466.jpg

気づいたら、もう10月も終わり。。。
びっくりです(@_@)

Almost half way through the Fall term already!


今学期も、いよいよ後半戦に突入☆

来月に入ったら
12月の発表会へ向けて忙しくなる予定なので、
今のうちに(?) 夜な夜な読書の秋を満喫しています♪


そして、
とーーーっても面白い本に出会いました!
(今回は、日本語の本^^)


If you had to read one book this year...

It should be THIS!!!


伊坂幸太郎著 『ゴールデンスランバー』!o(^-^)o


以前も彼の作品は読んだけど、
この話は さらにハラハラドキドキ!

I simply couldn't put it down!


簡単にplotを説明すると、
陰謀によって首相暗殺犯に仕立て上げられた男の人が
とにかくひたすら逃げる話です。

clicheともいえるありがちな設定なのに、
こんなに面白いなんて~(>_<)


あまりにも伏線が緻密に張り巡らされていて、
読了後、また最初の方を読み返さずにはいられなかった…。

最後の章で ドドーッて泣き、
読み返して また新たな発見!

今度は
「よかった~!」っていう、
安堵とも爽快感ともいえる涙が。。。


こうして生きていて
ささやかな幸せがある日常に感謝です。


これ、来年映画化もされるみたい☆



最後に どうしても言いたい~

主人公のお父さん、大好き!

今でも お父さんの
「雅春(←主人公)、ちゃっちゃと逃げろ」
っていうセリフを思い出すだけで涙です~~~(;_;)



この秋、もしも
ページをめくる手が止まらなくなるような page turnerを探してるなら
ぜひ 読んでみてね(^-^)/
[PR]
by naomishimamura | 2009-10-24 02:08 | 読書

f0055087_116333.jpg

Did I ever tell you I'm a huge fan of children's literature?

そうなんです、
わたし、児童書が大好き。

特に 英語では、
何も考えずに 母国語的感覚で読めるレベルの児童書が
ホント楽しい!

picture booksもいいけれど、
chapter booksは、
簡単とはいえ、やはりネイティブ向けなので
英語的感覚を養うのに役立ってるなぁって思います☆


最近読んだのは、
上の写真の リンカーン伝記。

先日
生徒さんが持ってるのを見て、
おもしろそうだったので貸してもらいました♪


これ、
すごく良かった~!予想以上!
(I especially loved the illustrations!)

比較的平易な文章で書かれてて、
長さも100ページ程度。
あっという間に読めちゃいます。

なのになのに、
内容の充実度が素晴らしい~!

情報量もさることながら、
リンカーンていう200年も前に生まれた歴史上の人物像が
本当にリアルに身近に感じられるように書かれてて、
個人的には 彼が何を成し遂げたかという事実よりも
彼の人間くささや 人間的なユニークさに惹かれました。


リンカーンといえば
「奴隷解放」と、かの有名なスピーチの一文

government of the people, by the people, for the people

の箇所ぐらいしか知らなかったのが
恥ずかしくなっちゃいました(+_+)



この本、
Who Was~?でシリーズになってるらしく、
次は Who Was Harriet Tubman?
を貸してもらう予定~☆
(Katayan、ありがとう♪)

名前すら知らなかった人なので、楽しみです!^^




************

Chapter booksって 日本語で何て言うんだろう?って素朴な疑問が浮かびました。。。

Wikipediaによると、
A chapter book is a story book intended for intermediate readers,
generally age 7-10.
Unlike picture books for younger readers, a chapter book tells the story
primarily through prose, rather than pictures. Unlike books for older readers,
a chapter book contains plentiful illustrations.
The name refers to the fact that the stories are usually divided into
short chapters, which provide children with opportunities to stop and
resume reading if their attention span is not long enough to finish the book
in one sitting.


どなたか、児童書に詳しい方、絵本の次は何ていうのかおしえてください☆☆
(もしかして、「児童書」でいいの?笑)
[PR]
by naomishimamura | 2009-10-18 01:16 | 読書
f0055087_1405151.jpg

普段からしたくて、
でもなかなかできないことってありますか?

わたしは、
長編小説を読むことです☆


今こそチャンス!
と思いつき、読みました。
大好きな宮部みゆきさんの本で、
ずーっと気になってた 『蒲生邸事件』!o(^-^)o


もうもう、最高!

That was an excellent book!
I simply couldn't put it down
and of course it has become one of my favorite books EVER!


普通の高校生の男の子が、
昭和11年の二・二六事件前夜にタイムトリップしちゃうお話です。


昭和11年ー

戦争反対って言うと逮捕されてしまった時代。

電化製品なんてなくて不便だった時代。

困ってると、見ず知らずの人たちが助けてくれた時代。


...そして今の時代を生きる私。。。
いろんなことについて考えさせられる内容でした。


宮部みゆき作品って、
娯楽ものやミステリーとしてももちろん面白いけれど
文学としても素晴らしさを感じるので大好きです。

彼女の他の小説もそうだけど、
やっぱりこれも最後は涙が止まらない~。


主人公の孝史と同じように 私も、

ダメダメな時や つい怠け者になっちゃう自分がいても
それでも「ちゃんと生きよう」って思いました☆


心からオススメできる本です(^-^)/
[PR]
by naomishimamura | 2009-05-07 01:40 | 読書